SDGSへの取り組みについて

【私たちの環境への想い】

芳蔵園は、環境への取り組みの一環として、SDGsに取り組んでいます。

この取り組みを通して、少しでも地方創生に貢献できればと考えています。

周りの農家や地域の方々と協力し、住みやすく、すごしやすい町づくりをして参ります。

芳蔵園のSDGsへの取り組み

 

【SDGsとは】

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、持続的な開発目標と呼ばれています。

2015年9月の国連サミットで採択され、世界193か国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

全部で17の目標があり、芳蔵園は農家として12番目の項目「つくる責任 つかう責任」に関わっていけたらと思います。

この理念は「持続可能な方法で生産し、責任を持って消費する」ことを掲げています。

農産物の廃棄・ロスをできるだけなくし、より良い環境作りに貢献できればと考えております。

芳蔵園SDGsへの取り組み

芳蔵園SDGsへの取り組み

 

【取り組み事例】

●廃棄の梨をドライフルーツに加工

毎年、生じてしまう廃棄の梨をドライフルーツにして蘇らせました。

2020年10月14日〜11月29日にかけてクラウドファンディングを実施したところ、支援額100万円を達成し、この取り組みに多くの方々に賛同していただけました。

また、その取り組みが広がり、現在さまざまな企業からお声がけ頂いております。

クラウドファンディングの詳細はこちら

〈採用企業一例〉

(株)マクアケ さま

セブンイレブン さま

新京成電鉄(株) さま

 

●梨の廃材を再利用したお皿

地元の製材会社さまと協力し、悪くなってしまった梨の木および廃材を再利用して、お皿を作製しています。

クラウドファンディングの際にお客様に提供し、反響が良かったことから、ここから一層注力して参ります。

〈採用企業一例〉

(株)マクアケ さま

 

 

関連記事

TOP